令和6年能登半島地震に対するかずさ水道広域連合企業団の対応(令和6年1月30日現在)

令和6年能登半島地震による断水に伴い応急給水活動の支援に関する要請が、公益社団法人日本水道協会関東地方支部から同協会千葉県支部(事務局:千葉県企業局)にありました。

この要請を受け、かずさ水道広域連合企業団では以下のとおり対応しています。

1 組立式仮設水槽の運搬

かずさ水道広域連合企業団で保有する組立式仮設水槽(1m3)2基を石川県羽咋郡志賀町の志賀町文化ホールに運搬します。

  • 支援内容:
    • 応急給水活動に使用する組立式仮設水槽の運搬(1m3×2基)
    • 公用車1台(職員2名)を派遣
  • 運搬先:
    • 志賀町文化ホール(石川県羽咋郡志賀町高浜町カの1番地1)
    • 志賀町役場に運搬しました。
  • 運搬予定日時:
    • 令和6年1月16日 午前10時(令和6年1月15日午前9時出発)

2 応急給水活動の支援

被災地への応急給水活動を支援するため、給水車を派遣します。

  • 支援内容:
    • 応急給水活動
    • 給水車(1.6m3タンク)1台、サポートカー1台を派遣
    • 1班あたり4名の職員を派遣
  • 応援先:
    • 石川県羽咋郡志賀町
    • 石川県輪島市門前町に変更となりました。
  • 活動期間:
    • 令和6年1月17日から(令和6年1月16日午前6時出発)

【これまでの派遣人数(令和6年1月30日現在)】

 16名

出発時

活動状況

ページトップへ戻る